任意整理するとローン組めない?/借金無料相談の弁護士

任意整理をすると次にローンは組めない?

任意整理をした場合には信用情報機関に信用情報として、任意整理を行った事実が登録されます。
そのため、次のローンを組むのは難しくなります。

 

しかし、そもそも任意整理の期間中に、あるいはその後時間をおかずにローンを組むべきなのかを考えてみる必要があります。

 

任意整理を行った目的は債務を完済し、以降は借金に悩まないようにしたいという点にあると思います。
以降は借入に頼らなくて済むような整理をすべきだと言えます。

 

また、任意整理はしばしば一括返済とセットで交渉されます。任意整理における一括返済とは纏まったお金を用意し一括で支払うことによりローンの一部を免除してもらうことを言います。

貸金業者にとっておいしいお客とは

一括返済は、親や親戚からお金を融通してもらい、そのお金を元に行われることが多くあります。
このことは、債務者自身に返済能力がなくても周りで助けてくれる人がいることを意味しています。保証人をとらなくても保証してもらっているような状態になるわけです。
そのため、特に悪質な貸金業者からすれば美味しいお客に綯っています。
任意整理後はむしろ借入を行うよう勧める業者もいるくらいです。

 

任意整理の後は、ローンが組めないことを心配するより、むしろ借入をしないことの方に留意すべきであるといえます。