今の家に住み続けることは出来ますか?

任意売却をすると、今の家に住み続けることは出来ますか?

 住宅ローンなどが払えなくなり任意売却を行った場合、マイホームに住み続けることが出来るのか悩む方も多いと思います。そこで、任意売却の際のマイホームを残す方法を考えてみます。

 

 

実は方法がまったくないというわけではなく、個人の民事再生という方法があります。これは、法律で住宅ローンを除いた負債総額が5000万円以下の場合に限り、裁判所の判断でこの個人の民事再生が認められるケースがあります。

 

しかし、これはあくまでも住宅ローンを除いた負債額になりますので、住宅ローンを含む・5000万円以上の負債額の場合は、この個人の民事再生が認められないことが多いです。

 

また、サラ金などの違法金利による負債が原因で、住宅ローンが支払えなくなってしまった場合でも、負債をカットすることが出来、さらに住宅を手放す必要がなくなることもあります。

 

 上記で説明したとおり、任意売却をしてしまったら必ずしもマイホームを手放すことがないことがわかります。なので完全にあきらめてしまう前に、上記の件に該当していないかを確認してみると良いかもしれません。