弁護士は何を基準に債務整理を選ぶのか?

弁護士は何を基準に債務整理を選ぶのか?

弁護士は何を基準に債務整理を選ぶのか?

 

弁護士事務所に相談に行くと答えは2托です。自己破産か個人再生のどちらかです。

 

ここで弁護士が決める判断材料になるのが給与所得です。

 

ある程度あれば個人再生。全く収入がない人は自己破産とそれぞれ道が出来ています。

 

ここで、債務者の希望も当然の事ながら考慮します。

 

弁護士は即決派と慎重派がいます。

 

慎重派は2週間程考えますが、直ぐに弁護士介入の手紙は各業者宛てに送るので債権者からの電話は完全にストップします。

 

要は弁護士が介入する事によって、債権者からの督促状や電話は一斉に止まります。弁護士が持つ力は非常に大きな物があります。

 

督促状や電話が一切出来なくなるのですから。

本当に頼もしいパートナー

 

 

ここからは打ち合わせを重ねいざ勝負に備えます。

 

勝負と言っても勝利確実なものが多いので、余り勝負と言概念に捉われない事です。

 

弁護士の指示通り貴方は動けばいいだけです。

 

そんなに深く考える事はありません。

 

弁護士の指示通りに動いていれば損する事ないです。

 

基本的に弁護士の指示通り動いていれば間違いはありません。

 

何せ指示をするのはプロ中のプロです。

 

そのプロの助言に乗っていれば船が転覆する事はありません。しっかりと弁護士の言う事を聞く事です。